ひまわり相談ネット
ほっとダイヤル
弁護士を学校に呼んでみませんか?
弁護士を学校に呼んでみませんか?
弁護士会ってなに?

 弁護士は、どこかの弁護士会に所属し、弁護士名簿に登録されなければ弁護士活動ができません。弁護士会は弁護士の強制加入団体で、地方裁判所の管轄区域ごとに設けられています。長崎の弁護士会の正式名称は「長崎県弁護士会」で長崎市に本部を、佐世保市に支部を置いています。

 弁護士法により、弁護士会の目的は「弁護士の使命及び職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士事務の改善進歩を図るため、弁護士の指導、連絡及び監督に関する事務を行うこと」と定められていますが、弁護士会の業務は弁護士の指導・連絡・監督に関することにとどまらず、さまざまな分野にわたっています。例えば、人権をまもるための活動をしたり、行政をよりよくするため自治体に提言をおこなったり、法律の改正や新法の制定を政府に求め、法律の改悪や不適切な法律の制定を阻止するなど、日頃から広く社会情勢に目を配って調査研究に取り組むほか、市民向けの講演会やシンポジウム等の開催、常設法律相談会・市町村巡回無料法律相談会、裁判所などと共催した特設法律相談会の実施、また自治体の委員会へ弁護士を推薦したり、学校などから要望があれば弁護士を講師として派遣しています。

 このような多様な活動をおこなうため、弁護士会には多くの委員会があり、弁護士や関係者が常に出入りし、多数のスタッフも常勤しています。また、弁護士会は法律相談センターとしての機能もあるため、法律相談を希望する皆様が安心してお気軽にお越しいただけるよう、スタッフ一同、来訪者への適切な案内につとめています。なお、弁護士に対する苦情なども弁護士会で受け付けています。