決議・声明・意見書
横浜弁護士会会員殺害事件に関する声明

  平成22年6月2日午後、横浜弁護士会所属の前野義広弁護士が、法律事務所で胸部を刃物で刺され死去するという痛ましい事件が発生し、事件発生から一か月を経て、逃走中の容疑者が警察署に出頭し逮捕された。
  容疑者は、前野弁護士が受任する離婚事件の相手方であり、本件刺殺事件が弁護士の業務に関連して発生したものであることは、想像に難くない。近時、弁護士に対する業務妨害事例は増加しており、当会においても、損害賠償請求事件の弁論終了後、裁判所構内の駐車場において、当該事件の相手方が自車運転席に乗り込んだ所属会員に対し、所携のスパナで襲いかかり、車両に損傷を与えるといった事件が発生したことがある。
  基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とする弁護士への暴力は、個々の弁護士業務を萎縮させるに留まらず、ひいては国民の権利実現に対する重大な障害となり法の支配を脅かすおそれがある許し難い暴挙である。
  当会は、このような卑劣な暴力を絶対に容認しない。決して暴力に屈することなく、弁護士の使命である基本的人権の擁護と社会正義の実現のため怯まず力を尽くす所存である。
  当会は、今後、法的手続きに則り動機等の解明が行われることを切望するとともに、二度とこのような痛ましい事件が起きないことを願い、改めて前野義広弁護士のご冥福を祈る。

2010年(平成22年)7月6日
長崎県弁護士会   
会長 原 章夫