ひまわり相談ネット
ほっとダイヤル
弁護士を学校に呼んでみませんか?
弁護士を学校に呼んでみませんか?
投稿日時: 2017-11-17 (25 ヒット)

 長崎県弁護士会は「街かど無料相談会」を行います。

 これは、長崎ベイサイドマラソン&ウォークに協賛し、「長崎水辺の森公園」内の弁護士会ブース会場で行うもので、街かど無料相談会としては2回目の実施です。

 金銭問題、離婚・親権、相続・遺言、不動産、労働問題、生活困窮、DV、慰謝料請求、交通事故、成年後見、いじめ問題などさまざまなお困りごとを弁護士に相談してみませんか。

 マラソンの応援の空いた時間に、立ち話の感覚で、お気軽に弁護士にご相談ください。相談料は無料です。事前予約はいりません。お1人20分〜30分目安のご相談です。

 *相談会場は個室ではありませんので(簡易な作りのブース)、御了承ください。

 

 

タイトル: 街かど無料相談会
日 時: 2017年11月18日(土) 9時〜14時
11月19日(日) 9時〜14時
場 所: 長崎水辺の森公園(公園内の弁護士会特設ブース)
*相談会場は個室ではありませんので御了承ください。
相談料: 無料(相談時間は1件30分以内)・予約不要
お問合せ先:  電話 095−824−3903(長崎県弁護士会)
主 催: 長崎県弁護士会

 


投稿日時: 2017-11-09 (57 ヒット)

 長崎県弁護士会は、憲法施行70周年を記念して、シンポジウム〜今こそ日本国憲法ばい!〜を開催します。

 入場は無料、事前申込は不要です。お気軽にご参加いただきますようご案内します。(定員300人を超える場合は入場をお断りする場合がございます。)

 

 

タイトル: 憲法施行70周年記念シンポジウム
〜今こそ日本国憲法ばい!〜
日 時: 2017年11月18日(土) 14時〜16時
(開場13時30分)
第1部 基調講演
簑田孝行 弁護士
(福岡県弁護士会所属 元福岡高裁判事)
第2部 第2部 パネルディスカッション
パネリスト 岩永隆之弁護士(長崎県弁護士会)、
簑田孝行弁護士(福岡県弁護士会)、中川拓弁護士
(長崎県弁護士会憲法委員会委員長)
*質疑応答も予定しています(約30分)
場 所: NBCビデオホール(長崎市上町1―35)
入場料: 無料
主 催: 長崎県弁護士会 / 共催 日本弁護士連合会 
お問合せ先: 長崎県弁護士会 電話 095−824−3903
詳細チラシ: 憲法施行70周年記念シンポジウム〜今こそ日本国憲法ばい!〜

 


投稿日時: 2017-11-06 (93 ヒット)

 「専門家による なんでも無料相談会」を実施します。これは、長崎県内の8つの専門職団体(長崎県弁護士会、長崎県司法書士会、長崎県土地家屋調査士会、長崎県社会保険労務士会、九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会、長崎県行政書士会、長崎県不動産鑑定士協会、長崎県中小企業診断士協会)が共催して、毎年この時期に行うものです。

 土地問題、労働問題、税務問題、登記手続き、年金、成年後見、行政手続き、書類の書き方・申請方法、法律問題(多重債務、遺言・相続、離婚、交通事故、刑事事件、ほか)などの様々な問題について、それぞれの専門家がアドバイス致します。

 どこに・誰に相談すればいいかわからない、書類の意味がわからない、いろいろな専門家の意見を聞いてみたい、こんなことを相談してもいいのかだろうか、などとお悩みの方は、個人、法人を問わずお気軽にご相談願います。

 弁護士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、税理士、行政書士、不動産鑑定士、中小企業診断士が、内容に応じてご相談に応じます。

 相談料は無料です。

タイトル: 専門家による 何でも無料相談会
日 時 : 2017(平成29)年11月18日(土)
 9時30分〜16時30分
場 所 : メルカつきまち5階 (長崎市築町3−18)
相談料 : 無料(相談時間は1件30分以内)
予 約 : 電話 095−824−3903(長崎県弁護士会)
*定員になり次第締切ります
対応者 : 弁護士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、税理士、
行政書士、不動産鑑定士、中小企業診断士
主 催 : 長崎県弁護士会、長崎県司法書士会、長崎県土地家屋調査士会、
長崎県社会保険労務士会、九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会、
長崎県行政書士会、長崎県不動産鑑定士協会、長崎県中小企業診断士協会
後 援 : 長崎県、長崎市
予約・お問合せ: 長崎県弁護士会 電話 095−824−3903

 


投稿日時: 2017-10-03 (103 ヒット)

 10月1日からの法の日週間の記念行事として、長崎県弁護士会は、裁判所、検察庁、法務局と共催で無料法律相談をおこないます。

 金銭の貸し借り、土地、建物、交通事故、離婚、相続、成年後見、刑事事件、人権問題などでお困りの方は、お気軽にお越し下さい。相談料は無料です。予約はいりません。

タイトル: 法の日週間記念 無料法律相談
日 時 : 2017(平成29)年10月13日(金)
午前の部 10時〜12時
午後の部 13時〜16時
*予約不要。受付終了時刻は15時40分です。相談者多数の
場合は受付を早期終了することがあります。
場 所 : メルカつきまち5階 (長崎市築町3−18)
お問合せ: 長崎家庭裁判所・総務課庶務係(095−804−4144)
  • 予約なしで当日、メルカつきまち5階会議室にお越しください。
  • 弁護士だけでなく裁判所書記官なども相談を担当します。弁護士が
    担当できる人数には限りがありますので、ご了承ください。
  • 相談時間は20分程度です。
  • 相談場所は個室ではありませんのでご了承ください。

 


投稿日時: 2017-09-25 (296 ヒット)

 長崎県弁護士会は、死刑制度に関するシンポジウムを行います。

 

 皆さんは死刑制度について、どうお考えになりますか。内閣府の世論調査(平成26年)によると、「死刑は廃止すべき」と回答した人の割合は約1割、「死刑もやむを得ない」と回答した人の割合は約8割となっています。

 この世論調査のうち、「死刑は廃止すべき」という意見としては、「裁判に誤りがあったとき死刑にしてしまうと取り返しがつかない」「国家であっても人を殺すことは許されない」「人を殺すことは刑罰であっても人道に反し野蛮である」「死刑を廃止してもそのために凶悪な犯罪が増加するとは思わない」「凶悪な犯罪を犯した者でも更生の可能性がある」などがあり、

 「死刑もやむを得ない」という意見として、「死刑を廃止すれば被害を受けた人やその家族の気持ちがおさまらない」「凶悪な犯罪は命をもって償うべきだ」などがあげられています。

 「死刑の廃止・停止が国際的潮流」とも言われる中、日本の死刑制度については国際的に、強い批判があります。

 市民の皆さんが裁判員として死刑判決に関わる可能性もある中、また、いつ犯罪被害者(遺族)になるかもしれない中、死刑制度は身近な問題と言えます。

 死刑制度の在り方について、一緒に考えてみませんか。お気軽にご参加ください。入場は無料、事前申込は不要です。*定員を超える場合は入場をお断りする場合があります。

 

 

タイトル: 死刑制度に関するシンポジウム
〜犯罪被害者と死刑制度について〜
日 時: 2017年10月21日(土) 13時〜16時30分
(開場12時30分)
場 所: 長崎県歯科医師会館5階講堂(長崎市茂里町3―19)
内 容:
基調講演「犯罪被害者(遺族)と死刑制度」
講師:早稲田大学法学学術院教授 高橋 則夫 氏
スピーチ:古川 龍樹 氏(福岡事件再審キャンペーン事務局)
ドキュメンタリー映画上映
「望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”」(29分・ダイジェスト版) 監督:長塚洋
パネルディスカッション
パネリスト 高橋則夫教授,長塚洋監督,黒岩英一弁護士(長崎県弁護士会所属)
コーディネーター
岩橋英世弁護士(福岡県弁護士会所属,九弁連死刑PT委員長)
主 催: 長崎県弁護士会  共催  日本弁護士連合会 / 九州弁護士会連合会
お問合せ先: 長崎県弁護士会 電話 095−824−3903
詳細チラシ: 死刑制度に関するシンポジウム〜犯罪被害者と死刑制度について〜

 


(1) 2 3 4 ... 6 »