長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

弁護士について

トップページ  >  弁護士について  >  弁護士のできる業務

弁護士のできる業務

司法書士・行政書士と比べて
出典:日本弁護士連合会制作「弁護士相談まるわかり新聞」
出典:日本弁護士連合会制作「弁護士相談まるわかり新聞」

法律を扱う職業(資格)として、弁護士、司法書士、行政書士があります。
どんなときに、誰に相談すればいいのでしょうか。

 

「金額の大きな問題なら弁護士、金額が小さな問題で費用を抑えるなら司法書士や行政書士」という誤解も多いようです。
正しくは、できることが違うのであって、司法書士や行政書士ではできないこと、つまり弁護士にしかできないことがあるのです。
また、弁護士だから費用が高いということはありません。

 

どんな分野の専門家か。

弁護士は、法律事務全般を取り扱うことができるオールマイティな資格です。どんな事件でも、代理人となって交渉したり、裁判手続を行うことができます。まさに、法律の専門家です。
一方、司法書士は、もともと登記を専門とする資格で、後に一部の認定を受けた司法書士が、簡易裁判所が扱う事件(140万円までの事件)について、代理人となって交渉したり、裁判手続を行うことができるようになりました。
行政書士は、役所に提出する書類等の作成を専門とする資格で、代理人となったり、交渉したりすることはできません。

 

具体的な法律問題で考えてみましょう。
交通事故

弁護士であれば、どんな交通事故であっても、加害者側との示談交渉や裁判手続の代理をすることができます。
一方、認定を受けた司法書士は、140万円までの事件に限って、加害者側との示談交渉や裁判手続の代理をすることができます。
これに対し、行政書士は、示談交渉や裁判手続の代理をすることができません。ただ、簡単な自賠責請求の書類の作成を行うことができるだけです。

 

相続

弁護士であれば、どんな相続問題であっても、他の相続人との遺産分割協議や家庭裁判所の調停手続を代理することができます。
しかし、司法書士は、遺産分割協議や家庭裁判所の調停手続を扱うことができません(140万円までの事件であっても、家庭裁判所の事件は扱えません。)。もっとも、遺産分割協議がまとまった後の登記手続を行うことはできます。
行政書士は、遺産分割協議や家庭裁判所の調停手続を扱うことはできません。

 

離婚

弁護士であれば、どんな離婚問題であっても、相手方との離婚条件の交渉ができますし、家庭裁判所の調停や裁判手続を代理することができます。
しかし、司法書士も、行政書士も、離婚問題を扱うことはできません。

 

 

弁護士に相談できることはこちらから

 

 

ひまわり相談ネット

イベント情報

6月
7
10:00 AM 全国一斉労働相談「職場のお悩み何...
全国一斉労働相談「職場のお悩み何...
6月 7 @ 10:00 AM – 4:00 PM
全国一斉労働相談「職場のお悩み何でも無料相談」 @ 長崎県弁護士会
 長崎県弁護士会は、全国一斉労働相談ホットライン「職場のお悩み何でも無料相談」を実施します。    これは、日本弁護士連合会(日弁連)の呼びかけで全国の弁護士会が一斉に行うもので、今年で6回目の実施です。    就労形態の多様化と採用構造の変化により非正規労働者は増加し続け、今では労働者の全体の約4割が非正規労働者と言われています。非正規労働者は賃金も安く、雇止め問題等も発生する可能性があります。    また、正規労働者の雇用環境も悪化し、人員削減、退職強要、長時間労働、過大なノルマ、パワーハラスメントの横行など、労働者を取り巻く問題はさまざまです。    さらに「ブラックバイト」や「ブラック企業」問題も注目されており、そこで働く人たちの権利をいかにまもるかということが、課題となっています。    残業代が出ない、セクハラ・パワハラを受けている、契約を打ち切られそうだ、バイトのシフトがきつい、職場の人間関係、など労働者からの職場のお悩みなら、何でも結構です。お気軽にご相談ください。    長崎県弁護士会の弁護士が電話及び面談で、無料で相談にあたります。面談相談は事前予約制、定員になり次第締め切ります。     タイトル : 全国一斉労働相談「職場のお悩み何でも無料相談」 実施日時 : 2018年6月7日(木)10時~16時 電話相談 : 0120-610-168 *通話料無料のNTTフリーダイヤル。携帯・PHS・公衆電話からも利用可能。実施日時に長崎県弁護士会に設置する特設番号。 面談相談 : *面談相談はお1人30分程度、事前予約制。 長崎会場 : 長崎県弁護士会 長崎市栄町1-25長崎MSビル4階 予約電話 095-824-3903 佐世保会場: 長崎県弁護士会佐世保支部 佐世保市島瀬町4-12シティヒルズカズバ2階 *佐世保会場の面談相談は13時~16時のみ 予約電話 0956-22-9404 主  催 : 長崎県弁護士会・日本弁護士連合会 予約・問合せ先 : 長崎県弁護士会(電話095-824-3903)      
6月
28
1:00 PM 女性の権利110番
女性の権利110番
6月 28 @ 1:00 PM – 4:00 PM
女性の権利110番 @ 長崎県弁護士会
 長崎県弁護士会は、「女性の権利110番」を実施します。これは、6月23日~6月29日の「男女共同参画週間」にあわせ、日本弁護士連合会の呼びかけで毎年実施するものです。    女性に対する暴力(DV,ストーカー,セクハラ)や、離婚に関する諸問題、職場での差別などの女性の権利に関する内容の他、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)に関する内容も、お受けします。    どうぞお気軽にご相談ください。     タイトル : 女性の権利110番 日 時 : 2018(平成30)年6月28日(木)13時~16時 方 法 : 1 電話相談 095-824-0052(代) *上記日時だけ、長崎県弁護士会に設置する特設電話です。 2 面談相談 会場 長崎県弁護士会(長崎市栄町1-25長崎MSビル4階) 予約電話 095-824-3903 *お1人30分程度。定員になり次第締め切り。 *相談料は無料 主 催 : 長崎県弁護士会・日本弁護士連合会 お問合せ : 長崎県弁護士会(電話 095-824-3903)      
過去のイベントを見る