長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

組織概要

 

 

長崎県弁護士会について

長崎県弁護士会

 

市民の皆さんにとって身近な弁護士会を目指しています
~基本的人権の擁護と社会正義の実現のために~

 

長崎県弁護士会は、長崎県下に法律事務所を構える弁護士の全員が所属する組織です。1949年(昭和24年)に設立されました。長崎市に本部を、佐世保市に支部を置いています。

 

弁護士会の目的等は弁護士法にて「弁護士及び弁護士法人の使命及び職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るため、弁護士及び弁護士法人の指導、連絡及び監督に関する事務を行うこと」と定められています。

しかし、弁護士会の活動はそれだけではありません。

 

  • 皆さまの生活に関わりのある身近な法的トラブルに対処するための法律相談、中小企業や個人事業主のための法律相談、高齢者等のための法律相談、福祉関係者のための法律相談など、各種法律相談サービスの提供に努めています。
  • 長崎県内の小学校・中学校・高校などを対象とし、児童・生徒向けの出前授業や教職員向けの授業・講義・研修・講演を行うなど、法教育の普及に努めています。
  • 法律の制定・改正を政府や国会に求め、あるいは法律の制定・改正による問題点を指摘する声明や意見書を発信するなど、適正な法制度の実現に向けた取組に努めています。
  • 官公庁・地方公共団体等の各種委員会や協議会等に弁護士を推薦・派遣し、法律の専門家として法的助言や提言等を行うなど、社会制度の向上に努めています。

 

弁護士会の中には、人権擁護委員会、高齢者等権利擁護委員会、両性の平等に関する委員会、子どもの権利委員会、消費者問題委員会、犯罪被害者支援委員会、国際委員会、刑事弁護委員会、憲法委員会、公害対策・環境保全委員会など様々な専門委員会があります。高齢者、障がい者、子ども、女性、消費者、犯罪被害者、外国人、逮捕された方などの人権を護るための活動や調査研究を行うほか、講演会やシンポジウム等の開催も数多く行っています。それらを担う弁護士は、各種法律相談や受任した事件における職務だけでなく、弁護士会における委員会活動等を通じて日々研鑽し、基本的人権の擁護と社会正義の実現のため、活動しています。

 

弁護士会は、皆さまに安心してご相談いただけるよう、弁護士・職員一同、来訪者への適切な案内に努めています。法律相談に限らず、弁護士に対する苦情なども受け付けています。

 

 

組織概要

名称
長崎県弁護士会(英語表記:NAGASAKI BAR ASSOCIATION )
設立
1949年(昭和24年)10月22日
役員
会長
森永正之
副会長
佐野竜之
山下 肇
竹口将太
監事
曽場尾雅宏
大西由紀子
会員数(2019年4月1日現在)
弁護士会員数
161人
弁護士法人会員数
16法人
マークについて
長崎県弁護士会のシンボルマークはこちらです。

シンボルマーク

平成28年春、「責任」「優しさ」「確かな品質」をキーワードに、長崎県弁護士会の頭文字(N,B,A)をモチーフに作成されました。安心感の中に希望を感じてもらえるよう、グリーンを基調とした爽やかなイメージです。

 

 

会長挨拶

長崎県弁護士会
会長 森永正之

みなさん、長崎県弁護士会のホームページへようこそ。
会長の森永正之です。

 

 このホームページをご覧になっている方は、自分の身の回りの生活で何かお困りごとがある方が多いのではないでしょうか。
  お困りごとがある方の中には、「弁護士に相談してもよいことかな?」「些細なことだけど相談していいの?」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、自分の身の周りのお困りごとの多くは、法律問題です。「法律問題とは関係ないかも…」と心配されずに相談さえしていただければ、弁護士は解決に向けた何らかの道筋を示してくれます。まずは、ご相談いただければと思います。よくある相談については、「相談したい」にまとめてありますので、ご参照ください。また、「相談したい」以外の相談も対応可能です。

 また、「相談したり、依頼したりすると、いくら費用がかかるのか」と費用がどのくらいかかるのか気になるかもしれません。「費用について」において依頼する際の弁護士費用についても説明しておりますので、ご参考ください。なお、収入額などの法テラスの利用条件を満たすと、相談料が無料となったり、弁護士費用を立て替えてもらえたりすることがありますので、こちらもご参照ください。

 さらに、どこに弁護士がいるのかわからないと思われる方もいらっしゃると思いますが、壱岐・対馬・五島の離島を含め、長崎県内各地に約160人の弁護士がいます。「弁護士を探す」では,自分の自宅や職場の近くの法律事務所を調べることができます。

 私たち弁護士は、弁護士法第1条第1項にもあるとおり、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とし、この使命にもとづいて誠実に職務を行います。そして、法律の専門家として適切な予防方法や対処方法、解決策をアドバイスする「社会生活上の医師」としてみなさんの役に立ちたいと考え、日々、弁護士としての活動をしております。もし、身の回りの生活で何かお困りごとがあるときには,是非、弁護士にご相談下さい。

 

 また、弁護士の役割は、法律相談や紛争の予防・解決に限りません。

 弁護士は、法律の専門家として弁護士会内の委員会に所属し、専門分野について研鑽を積んでいます。そして、社会生活においてさまざまな問題について研究や提言を行っています。その中でも、長崎県弁護士会では、法教育に力を入れています。 法教育とは、法や司法制度の仕組みや内容、その基礎になっている価値を理解し、法的なものの考え方を身につけるための教育です。これから価値観の多様化が進む現代社会において、特に子どもたちに必要な素養となります。児童・生徒向けの出前授業や教職員向けの研修・講演、高校生模擬裁判選手権などを行っています。ご依頼いただければ、弁護士を身近に感じることができるかもしれません。

 

 私たち弁護士、そして長崎県弁護士会は、価値観の多様化が進む現代社会において、弁護士の使命を果たすために、日々自己研鑽にはげみ、身近な頼りがいのある存在としてみなさんのお役に立ちたいと考えております。

ひまわり相談ネット

イベント情報

直近のイベントはありません。

過去のイベントを見る