長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

 経済・生活苦での自殺者が年間7000人に達し、自己破産者も18万人を超え、多重債務者が200万人を超えるなどの深刻な多重債務問題を解決するため、2006年12月に改正貸金業法が成立した。これまで段階的に施行されて、2010年6月18日までには、上限金利の引下げ、収入の3分の1を超える過剰貸付契約の禁止(総量規制)の導入により完全施行されることとなっている。

 改正貸金業法成立後、政府は多重債務者対策本部を設置し、同本部は(1)多重債務相談窓口の拡充、(2)セーフティネット貸付の充実、(3)ヤミ金融の撲滅、(4)金融経済教育を柱とする多重債務問題改善プログラムを策定した。そして、官民が連帯して多重債務対策に取り組んできた結果、多重債務者が大幅に減少し、2008年の自己破産者数も13万人を下回るなど、着実にその成果を上げつつある。

 他方、一部には「消費者金融の成約率が低下しており、借りたい人が借りられなくなっている。特に昨今の経済危機や一部商工ローン業者の倒産などにより、資金調達が制限された中小企業者の倒産が増加している」などと殊更強調して、改正貸金業法の完全施行の延期や、貸金業者に対する規制の緩和を求める論調があり、政府が見直しを行うのではないかとの懸念が生じている。

 しかしながら、このような議論は、1990年代における山一証券、北海道拓殖銀行の破綻などに象徴されるいわゆるバブル崩壊後の経済危機の際、貸金業者に対する不十分な規制の下に、商工ローンや消費者金融が大幅に貸付を伸ばし、その結果、1998年には自殺者が3万人を超え、自己破産者も10万人を突破するなど多重債務問題が深刻化した事態を無視している。

 改正貸金業法の完全施行の先延ばし、金利規制などの貸金業者に対する規制の緩和は、再び自殺者や自己破産者、多重債務者の急増を招きかねず許されるべきではない。今、多重債務者のために必要とされる施策は、相談体制の拡充、セーフティネット貸付の充実及びヤミ金融の撲滅などである。

 そこで、昨年設置された消費者庁の所管ないし共管となる地方消費者行政の充実及び多重債務問題が喫緊の課題であることも踏まえ、当会は国に対し、以下の施策を求める。

 

  1. 1.改正貸金業法を早期に完全施行すること。
  2. 2.自治体での多重債務相談体制の整備のため相談員の人件費を含む予算を十分確保するなど相談窓口の充実を支援すること。
  3. 3.個人及び中小事業者向けのセーフティネット貸付をさらに充実させること。
  4. 4.ヤミ金融を徹底的に摘発すること。

 

2010年(平成22年)4月13日

長崎県弁護士会
会長 原 章夫
ひまわり相談ネット

イベント情報

12月
7
9:30 AM 専門家による なんでも無料相談会
専門家による なんでも無料相談会
12月 7 @ 9:30 AM – 4:00 PM
専門家による なんでも無料相談会
 「専門家による なんでも無料相談会」を実施します。これは、長崎県内の8つの専門職団体(長崎県弁護士会、長崎県司法書士会、長崎県土地家屋調査士会、長崎県社会保険労務士会、九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会、長崎県行政書士会、長崎県不動産鑑定士協会、長崎県中小企業診断士協会)が共催して、毎年この時期に行うものです。  土地問題、労働問題、税務問題、登記手続き、年金、成年後見、行政手続き、書類の書き方・申請方法、法律問題(多重債務、遺言・相続、離婚、交通事故、刑事事件、ほか)などの様々な問題について、それぞれの専門家がアドバイス致します。  どこに誰に相談すればいいかわからない、書類の意味がわからない、いろいろな専門家の意見を聞いてみたい、こんなことを相談してもいいのかだろうか、などとお悩みの方は、個人、法人を問わずお気軽にご相談願います。  弁護士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、税理士、行政書士、不動産鑑定士が、当日待機しています。相談料は無料です。     タイトル : 専門家による なんでも無料相談会 日 時 : 2019年(令和元年)12月7日(土)9時30分~16時 場 所 : メルカつきまち5階 会議室(長崎市築町3-18) 相談料 : 無料(相談時間は1件30分以内) 予 約 : 電話 095-824-3903(長崎県弁護士会) *予約受付は11月21日~12月3日、定員になり次第締切ります。 対応者 : 弁護士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、税理士、 行政書士、不動産鑑定士 主 催 : 長崎県弁護士会、長崎県司法書士会、長崎県土地家屋調査士会、 長崎県社会保険労務士会、九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会、 長崎県行政書士会、長崎県不動産鑑定士協会、長崎県中小企業診断士協会 後 援 : 長崎県、長崎市 予約・お問合せ : 長崎県弁護士会 電話095-824-3903
12月
19
10:00 AM 弁護士会の貧困ホットライン
弁護士会の貧困ホットライン
12月 19 @ 10:00 AM – 4:00 PM
弁護士会の貧困ホットライン
長崎県弁護士会は「貧困ホットライン」をおこないます。日本弁護士連合会の呼びかけで,昨年度まで「生活保護ホットライン」として実施しておりましたが,今回より,生活保護に関する相談に加え,賃金未払いのこと,解雇のこと,多重債務のことなど,生活問題に関する相談に幅広く対応するため,「貧困ホットライン」として実施いたします。 いろいろなお悩みは一人で抱え込まず,お気軽に弁護士にご相談下さい。のべ8人の弁護士が,面談または電話で,無料で相談に応じます。 面談相談は事前予約制,定員になり次第締め切ります。     タイトル : 弁護士会の「貧困ホットライン」 日 時 : 2019年(令和元年)12月19日(木)10時~16時 方 法 : 【面談相談】   長 崎:長崎県弁護士会 (長崎市栄町1-25長崎MSビル4階)      予約電話 095-824-3903  佐世保:長崎県弁護士会佐世保支部      (佐世保市島瀬町4-12シティヒルズカズバ2階)      予約電話 0956-22-9404  *相談料は無料です。  *相談時間は1人30分程度,事前予約制,定員になり次第締切り。     【電話相談】0120-145-202   実施日時に長崎県弁護士会(長崎市栄町1-25-4階)に設置する臨時電話。通話料無料のNTTフリーダイヤル。  弁護士が無料で電話相談に応じます。携帯・PHS・公衆電話からも,つながります 主 催 : 長崎県弁護士会 共 催 : 日本弁護士連合会 お問合せ : 長崎県弁護士会 電話095-824-3903
過去のイベントを見る