長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

 警察庁は、2007年(平成19年)9月、「少年警察活動規則の一部を改正する規則」案(以下「規則案」という。)を公表した。規則案は第27条、第28条において、少年の性格又は環境に照らして、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をするおそれがあることを具体的に明らかにするための警察職員による「ぐ犯調査」の権限の規定を新設しようとしている。

 「ぐ犯調査」については、本年の少年法の「改正」過程でも問題になり、警察職員のぐ犯調査権限の及ぶ範囲が不明確であり、ぐ犯調査にあたる警察職員の主観によって対象の範囲が過度に拡大するのではないかとの懸念から、国会での法案修正により「ぐ犯調査」の規定が削除された。当会においても修正案によるぐ犯調査の権限規定の削除を支持する内容の声明を発したところである。

 しかるに、今回の規則案は、国会において「改正」少年法案から削除された警察職員によるぐ犯少年に対する調査権限を、かかる立法経緯を無視して復活させようとするものである。

 国会は、国権の最高機関であり、国の唯一の立法機関である(憲法41条)。民主主義国家では、法の支配が貫徹される必要があり、すべての行政機関の権限行使は、国会が定める法に基づいて行われるのが大原則である。とりわけ、警察職員による捜査・調査は、刑罰や保護処分という重大な不利益処分の前提手続であるから、憲法31条以下で適正手続きの遵守が強く求められている。そのような観点からも警察庁が、憲法および立法経緯を無視した規則を制定することは許されないのであって、今回の規則案は、違憲・違法のものと言わざるを得ない。

 よって、当会は、規則案における警察職員のぐ犯調査規定の新設に反対するものである。

 

2007(平成19)年10月16日

長崎県弁護士会
会長 山下俊夫
ひまわり相談ネット

イベント情報

12月
19
10:00 AM 弁護士会の貧困ホットライン
弁護士会の貧困ホットライン
12月 19 @ 10:00 AM – 4:00 PM
弁護士会の貧困ホットライン
長崎県弁護士会は「貧困ホットライン」をおこないます。日本弁護士連合会の呼びかけで,昨年度まで「生活保護ホットライン」として実施しておりましたが,今回より,生活保護に関する相談に加え,賃金未払いのこと,解雇のこと,多重債務のことなど,生活問題に関する相談に幅広く対応するため,「貧困ホットライン」として実施いたします。 いろいろなお悩みは一人で抱え込まず,お気軽に弁護士にご相談下さい。のべ8人の弁護士が,面談または電話で,無料で相談に応じます。 面談相談は事前予約制,定員になり次第締め切ります。     タイトル : 弁護士会の「貧困ホットライン」 日 時 : 2019年(令和元年)12月19日(木)10時~16時 方 法 : 【面談相談】   長 崎:長崎県弁護士会 (長崎市栄町1-25長崎MSビル4階)      予約電話 095-824-3903  佐世保:長崎県弁護士会佐世保支部      (佐世保市島瀬町4-12シティヒルズカズバ2階)      予約電話 0956-22-9404  *相談料は無料です。  *相談時間は1人30分程度,事前予約制,定員になり次第締切り。     【電話相談】0120-145-202   実施日時に長崎県弁護士会(長崎市栄町1-25-4階)に設置する臨時電話。通話料無料のNTTフリーダイヤル。  弁護士が無料で電話相談に応じます。携帯・PHS・公衆電話からも,つながります 主 催 : 長崎県弁護士会 共 催 : 日本弁護士連合会 お問合せ : 長崎県弁護士会 電話095-824-3903
過去のイベントを見る