長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

 長崎県弁護士会は、「全国一斉 旧優生保護法相談会」をおこないます。

 これは日本弁護士連合会の呼び掛けで、全国の弁護士会で一斉に行われるもので、今年初めて開催します。

 旧優生保護法は、1948年(昭和23年)から1996年(平成8年)まで、遺伝性疾患、ハンセン病、精神障害がある方などに対し、強制的に不妊手術や人工妊娠中絶手術を推進する根拠となった法律で、不良な子孫の出生を防止することが目的に掲げられ、都道府県の審査会に申請し認められれば、本人の同意がなくても手術が行えるというものでした。

 旧優生保護法による被害を受けた方は、数多くいらっしゃると思われます。ご本人やご家族のほか、福祉・医療関係者を対象とした電話相談です。「旧優生保護法による手術だったのか知りたい」「家族や知人が被害者かもしれない」「一時金を請求したい」など、お気軽にお電話願います。予約不要、相談料は無料です。

 

タイトル 「全国一斉 旧優生保護法相談会」
相談日時 2022年12月19日(月)10時~16時
[電話相談] 0570―012―190(ナビダイヤル)

相談日時に長崎県弁護士会(長崎市栄町1-25長崎MSビル4階)に設置する相談専用電話。回線が混雑するときは、近隣県の弁護士会につながります。相談料は無料ですが、通話料は負担願います。050IP電話からはつながりません。

○お問合せ先 長崎県弁護士会(電話095-824-3903)

 

 

チラシはこちら

ひまわり相談ネット

イベント情報

3月
4
1:00 PM 自殺対策強化月間 弁護士会の「何...
自殺対策強化月間 弁護士会の「何...
3月 4 @ 1:00 PM – 4:00 PM
 長崎県弁護士会は、何でも無料法律相談を実施します。  これは、日本弁護士連合会の呼びかけで実施するもので、自殺件数が1年のうちもっとも多い3月を政府が「自殺対策強化月間」と定めていることから自殺対策の一環として行う無料法律相談です。  多重債務、労働問題、生活保護、生活困窮、離婚、DV、慰謝料、養育費、学校や職場でのいじめなど、法的な問題が自殺原因の背景にあるとも言われています。いろいろな悩みから自殺を考えることのないよう、「こんなこと相談していいの?」と遠慮せず、お気軽にご相談下さい。電話または面談で弁護士が無料でご相談にあたります。面談相談は、事前予約制で定員になり次第締め切ります。電話相談は予約不要です。 ※原則として長崎県内の方を対象とした相談会です。   タイトル : 自殺対策強化月間 弁護士会の「何でも無料法律相談」 日  時 : 2024年(令和6年)3月4日(月)13時~16時 方  法 :   1 面談相談  事前予約制(定員になり次第締切り・お1人30分以内が目安。)   長崎会場  長崎県弁護士会   長崎市栄町1-25長崎MSビル4階   予約電話 095-824-3903   佐世保会場 長崎県弁護士会佐世保支部    佐世保市島瀬町4-12シティヒルズカズバ2階   予約電話 0956-22-9404 2 電話相談  0120-145-501   相談日時に長崎県弁護士会に設置する相談専用の電話。 通話料無料のNTTフリーダイヤル。携帯や公衆電話からも繋がります。 ※長崎県内からのご相談を対象としています。 相  談  料 : 面談、電話とも無料。 主  催 : 長崎県弁護士会・日本弁護士連合会 問合せ先 : 長崎県弁護士会(電話 095-824-3903)  
過去のイベントを見る