長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

相談したい

トップページ  >  相談したい  >  交通事故

交通事故

交通事故について、次のようなお悩みはありませんか?
困ったときには、ぜひ、弁護士にご相談ください。

 

 

 

交通事故で、怪我をした、怪我をさせた場合
  • 青信号の交差点を車で直進していたら、対向車線から突然右折してきた車とぶつかりました。私は救急車で運ばれたのですが、医師から入院が必要と言われたので、その間仕事を休まなくてはいけません。相手方に対して、どのような請求ができますか。また、私は全く悪くないと思っているのですが、相手方から私にも過失があると言われています。相手方のいう過失割合に、どうしても納得ができません。

  • 相手方の保険会社から慰謝料を提示されたのですが、妥当な金額かどうかが分かりません。以前交通事故にあった友達から、弁護士に依頼したら金額があがったと聞いたのですが、本当でしょうか。いったいどのくらい金額があがるものなのでしょうか。

  • 通勤時に横断歩道を歩いていたら、左折してきた車に跳ね飛ばされました。加害者は任意保険に加入していないのですが、このまま泣き寝入りしなければならないのでしょうか。

  • 赤信号で停車していたら、後ろから走ってきた車に追突されました。私は加害者に懇願されたので、警察へは届けなかったのですが、家に帰ってから首と腰に痛みが出てきました。加害者に対して、治療費や慰謝料の請求をするにはどうしたら良いですか。

  • 交通事故に遭い、首が痛くて通院していたのですが、相手方保険会社から、今月いっぱいで治療を終えて下さい、今後治療費は出ませんので、通院したい場合は、自分で治療費を払って下さいと言われました。まだ痛みがあるのですが、どうすれば良いでしょうか。

  • 医師から症状固定と言われ、事故前には無かった首と腰の痛みが続いていたので、後遺障害の申請をしましたが、非該当といわれました。でもどうしても納得がいきません。どうしたら良いでしょうか。

  • 交通事故後、整形外科に通院しているのですが、友達から、良い整骨院があるよと言われました。病院ではなく、整骨院や鍼灸院に行っても問題はないのでしょうか。

  • 私は専業主婦ですが、交通事故にあい、半月ほど入院しました。退院後も、身体の痛みで家事が出来ず、困っています。主婦の場合でも、休業損害を請求できるのでしょうか。できるとして、いくらぐらい請求できるのでしょうか。

 

交通事故で、車に傷がついた、傷をつけた場合
  • 買ったばかりの新車でドライブをしていたら、事故にあいました。縁起が悪いので、もうこの車には乗りたくありません。まったく同じ新車を相手方に請求したいのですが、できるでしょうか。

  • 交通事故にあい、身体に怪我は無かったのですが、運転していた車に傷がつきました。私はこの車を子どものように大事にしてきたので腹が立って仕方がありません。相手方に慰謝料の請求をしてもらえますか。

  • 購入して20年程になる車を運転していたところ、事故にあい、車に傷がつきました。修理をすると百万円かかると言われたのですが、加害者の保険会社の担当者から、時価額の限度でしか修理費を支払えないと言われました。修理費を全額出してもらえないでしょうか。

 

法律相談のご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

○長崎 095-824-3903095-824-3903

○佐世保0956-22-94040956-22-9404

 

ご相談の流れ

ご相談の流れ

弁護士へ依頼したいときは、まず、法律相談を受けていただくことになっています。初めて相談を受ける方に向けて、相談前~相談後の流れをご案内いたします。

ご相談の流れへ

弁護士費用について

弁護士費用について

弁護士に相談したり依頼するときに気になるのが、費用です。弁護士に依頼するときの費用には、「弁護士報酬」と「実費」の2種類があります。詳細はこちらからご案内いたします。

弁護士費用についてへ
ひまわり相談ネット

イベント情報

12月
21
10:00 AM 弁護士会の生活保護ホットライン
弁護士会の生活保護ホットライン
12月 21 @ 10:00 AM – 4:00 PM
弁護士会の生活保護ホットライン
 長崎県弁護士会は生活保護ホットラインをおこないます。これは日本弁護士会連合会の呼びかけで全国の弁護士会が一斉に実施するものです。    2013年8月から生活保護基準の引下げが段階的に実施され、2015年7月からは住宅扶助基準も引下げられました。生活保護利用者は、これまで以上に生活を大きく切り詰める必要に迫られ、特に冬季に必要な暖房費が賄えず人命や健康に関わる事態の発生も懸念されています。  最後のセーフティネットである生活保護制度が適切に利用されているかどうか、本当に必要な人が利用できているかどうか等、生活保護制度の実情を把握するために、生活保護ホットラインを実施します。  「生活保護申請書が貰えない」「生活保護を受けたいのに家族に面倒を見てもらうように言われた」「ホームレスの人は生活保護を受けられないと言われた」「自動車を処分するよう言われた」「65歳までは働けるでしょうと言われた」「家賃が高すぎるから生活保護は受けられないと言われた」など、生活保護に関する相談なら何でも結構です。    通話料は無料です。お気軽におかけください。弁護士が電話でご相談に応じます。     タイトル : 弁護士会の生活保護ホットライン 日 時 : 2018年12月21日(金) 10時~16時 予 約 : 電話相談 0120-158-794*実施日に長崎県弁護士会(長崎市栄町1番25号長崎MSビル4階)に設置する通話料無料のNTTフリーダイヤル携帯・PHS・公衆電話からも繋がります。 主  催 : 長崎県弁護士会・日本弁護士連合会 お問合せ : 長崎県弁護士会 電話095-824-3903    
過去のイベントを見る