長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

相談したい

トップページ  >  相談したい  >  労働問題

労働問題

会社に雇用されているあなたの権利は、法律で守ることができます。
困ったときには、ぜひ、弁護士にご相談ください。

 

 

 

賃金不払・残業代不払
  • 会社が給与の全部または一部を支払ってくれないのですが、会社に請求できますか。

  • 相当時間残業をしているですが、会社からは残業代の支払がありません。残業代のみの請求ってできますか。

  • 入社した時には退職金制度があると聞いたのですが、退職した際、「退職金はないから」と言われてしまいました。退職金の請求はできないですか。

  • 給与をもらえないまま、勤めていた会社が倒産してしまいました。泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 

解雇
  • 会社から突然「辞めろ」(自主退職)と言われ、退職届を書くように言われました。従わないといけないのでしょうか。

  • 欠勤の理由を会社に説明していたのに、突然、無断欠勤を理由に解雇されました。欠勤していたのは事実なので諦めるしかないのでしょうか。

  • パート職員として勤務していましたが、会社から「うちも苦しいから」といわれ解雇されました。正社員ではないので、仕方ないのでしょうか。

  • 有効労働契約で働いていて、10数回更新を繰り返していたのですが、期間満了を理由に会社から雇い止めを通告されました。有期労働だから仕方ないのでしょうか。

 

業務災害補償
  • 通勤途中で事故に遭い怪我をしました。会社に労災の申請をしたのですが、会社が労災の利用を認めてくれません。諦めるしかないのでしょうか。

  • 夫が過労のため自殺しました。原因が過重な労働を課した会社にあると思うのですが、自殺なので諦めるしかないでしょうか。

  • 残業が多かったため体調崩し、病院にいったところ「うつ病」と診断され休職することになりました。会社に何か求めることはできないでしょうか。

 

セクハラ・パワハラ
  • 会社の上司からセクハラを受けました。上司だけでなく会社の管理監督責任もあると思うのですが、会社に対して何かいうことはできないのでしょうか。

  • 職場の上司から頻繁に「いつ結婚するの」「結婚したら辞めるんでしょう」などと言われるのですが、言葉だけなので我慢するしかないのでしょうか。

  • 職場の上司から、強い口調で「無能なやつ」「お前なんか辞めてしまえ」などと繰り返し言われ、うつ病になりました。上司や会社に対して何かできることはないのでしょうか。

 

労働条件
  • 会社内のトラブルについて意見を言ったところ、翌月より関連会社への出向を言い渡されました。従うしかないのでしょうか。

  • 入社時に育児休業の制度があると聞いていたので申請をしたのですが、上司から「じゃあ辞めれば」と言われてしまいました。育児休業の取得を断念しないといけなのでしょうか。

  • 同じ営業を担当している男性社員と比べて、明らかに賃金や昇給等が違うのですが、女性なので諦めるしかないのでしょうか。

 

労働契約
  • 採用内定をもらっていたのに、突然、会社より「内定はなかったことに」と言われました。内定に過ぎないのであきらめるしかないのでしょうか。

  • 入社して3カ月の試用期間経過後に、正当な理由もなく本採用を拒否されました。試用期間なので仕方ないのでしょうか。

 

法律相談のご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

○長崎 095-824-3903095-824-3903

○佐世保0956-22-94040956-22-9404

 

ご相談の流れ

ご相談の流れ

弁護士へ依頼したいときは、まず、法律相談を受けていただくことになっています。初めて相談を受ける方に向けて、相談前~相談後の流れをご案内いたします。

ご相談の流れへ

弁護士費用について

弁護士費用について

弁護士に相談したり依頼するときに気になるのが、費用です。弁護士に依頼するときの費用には、「弁護士報酬」と「実費」の2種類があります。詳細はこちらからご案内いたします。

弁護士費用についてへ
ひまわり相談ネット

イベント情報

12月
21
10:00 AM 弁護士会の生活保護ホットライン
弁護士会の生活保護ホットライン
12月 21 @ 10:00 AM – 4:00 PM
弁護士会の生活保護ホットライン
 長崎県弁護士会は生活保護ホットラインをおこないます。これは日本弁護士会連合会の呼びかけで全国の弁護士会が一斉に実施するものです。    2013年8月から生活保護基準の引下げが段階的に実施され、2015年7月からは住宅扶助基準も引下げられました。生活保護利用者は、これまで以上に生活を大きく切り詰める必要に迫られ、特に冬季に必要な暖房費が賄えず人命や健康に関わる事態の発生も懸念されています。  最後のセーフティネットである生活保護制度が適切に利用されているかどうか、本当に必要な人が利用できているかどうか等、生活保護制度の実情を把握するために、生活保護ホットラインを実施します。  「生活保護申請書が貰えない」「生活保護を受けたいのに家族に面倒を見てもらうように言われた」「ホームレスの人は生活保護を受けられないと言われた」「自動車を処分するよう言われた」「65歳までは働けるでしょうと言われた」「家賃が高すぎるから生活保護は受けられないと言われた」など、生活保護に関する相談なら何でも結構です。    通話料は無料です。お気軽におかけください。弁護士が電話でご相談に応じます。     タイトル : 弁護士会の生活保護ホットライン 日 時 : 2018年12月21日(金) 10時~16時 予 約 : 電話相談 0120-158-794*実施日に長崎県弁護士会(長崎市栄町1番25号長崎MSビル4階)に設置する通話料無料のNTTフリーダイヤル携帯・PHS・公衆電話からも繋がります。 主  催 : 長崎県弁護士会・日本弁護士連合会 お問合せ : 長崎県弁護士会 電話095-824-3903    
過去のイベントを見る