長崎県弁護士会

長崎県弁護士会

長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903
長崎市栄町1番25号長崎MSビル4F
095-824-3903

お問い合わせは上のボタンをタップしてください。

文字サイズ

  • 小小
  • 中中
  • 大大
MENU

コラム

コラム一覧

  • 2024.04.21

    指導とパワハラ ~良い職場環境を作るために~

    長崎県弁護士会 会員 宮川浩介      春は異動の季節です。学校を卒業して新しく会社に入る方や、転勤等で新しい部署に配属される方も多いかと思います。そうした方たちの指導係を新たに命じられる方もいることでしょう […]

  • 2024.04.07

    性同一性障害特例法 ~性別変更の手術要件は「違憲」~

    長崎県弁護士会 会員 中鋪美香    皆さん、LGBTQということばを聞いたことがありますか。性的少数者の総称です。そのうちT(トランスジェンダー)について、日本には、同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法 […]

  • 2023.11.27

    長崎拘置支所の収容業務停止~接見時間の確保や更生に支障~

    長崎県弁護士会 会員 岩谷健作    今月末、長崎拘置支所(長崎市白鳥町)における、被告人(罪を犯したとして刑事裁判中の人)の収容業務が停止され、長崎刑務所(諫早市小川町)へ集約されることが予定されています。 […]

  • 2023.10.27

    少年法61条とは? ~18、19歳の実名報道に関心を~

    長崎県弁護士会 会員 今井悠人    新聞やテレビでは、毎日のように全国で発生した犯罪に関する事件報道がなされます。事件報道においては、多くの場合、容疑者(法律的には起訴前は「被疑者」といいます。)の実名が報道 […]

  • 2023.08.23

    長崎拘置支所 ~防御権保障へ建て替えを~

    長崎県弁護士会 会員 堀 大祐    令和5年2月6日、長崎刑務所から長崎県弁護士会宛に長崎拘置支所(長崎市白鳥町)の収容業務を同年11月末に停止して、以降は長崎刑務所(諫早市小川町)に収容業務を集約する旨の通 […]

  • 2023.06.26

    特定商取引法 ~被害拡大で抜本改正不可欠~

    長崎県弁護士会 会員 今井一成    特定商取引法を知っていますか。  この法律は、訪問販売や電話セールス、通信販売、マルチ商法等の消費者トラブルが類型的に多い取引を規制する消費者保護法です。事業者による違法・ […]

  • 2023.05.23

    若者の投票率 ~「法教育」に関心を~

    長崎県弁護士会 会員 川島陽介    18歳を迎えた新成人のみなさん、投票へは行きましたか?  本年4月に統一地方選挙として2回の選挙が行われました。昨年7月10日に参議院議員選挙が実施されましたので、この後1 […]

  • 2023.03.27

    再審法改正を ~無実の罪の人 救うために~

    長崎県弁護士会 会員 樋口聡子    あなたやあなたの大事な人が、身に覚えのない罪で犯罪者にされたらどうしますか?無実であるにもかかわらず、誤って有罪判決が確定した人を救済するための手段として、裁判のやり直しを […]

  • 2023.02.27

    技術の発展と法律事務 ~AIは弁護士になれるか?~

    長崎県弁護士会 会員 増﨑勇太    1月26日付の長崎新聞で、人工知能(AI)が弁護士業務をすることが弁護士法に抵触するのかについて検討した投稿記事を読みました。投稿者は高校生のようですが、非常に素晴らしい着 […]

  • 2023.01.26

    改正少年法 ~問われる課題把握と議論~

    長崎県弁護士会 会員 今井悠人    昨年4月1日、成年年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法の施行に伴い、改正少年法が施行されました。  少年法は、専ら少年の健全育成を図ることを目的として、罪を犯すなどし […]

1 2 3 4